記事一覧

コストと質のバランスを

本

会社選びのコツ

グローバル化が進み、海外とのやりとりが増えてきている昨今では、英語だけでなく様々な言語でやりとりをすることも増えてきています。eメールでのやりとりや契約書など様々な文書を翻訳してほしいというニーズも高まってきました。そのようなニーズに答えるのが翻訳代行サービスです。翻訳代行サービスとはその名の通り様々な言語と日本語を相互に翻訳してくれるサービスのことです。翻訳代行会社では英語や中国語、スペイン語、フランス語などのメジャーな言語のみを扱う会社もありますが、ロシア語、フィリピン語などのややマイナーな言語を扱う会社も多く存在します。簡単な翻訳ならば、ネットの翻訳ソフトや言語に精通した社員を雇えばよいと考える企業もあります。確かにそのようなやり方でそれなりにうまくいっている企業もあるのですが、契約書や受注書、発注書などの誤訳が許されない文書ではやはり翻訳代行サービスを使う方が確実といえます。重要な場面で誤訳をしたばかりにビジネスチャンスを逃すよりも、多少の費用をかけてでも正確に翻訳してもらいビジネスチャンスをものにした方が企業の利益は大きくなります。翻訳代行会社を選ぶときは、コストと質のバランスに注意しましょう。コストももちろん重要ですが、レスポンスの早さを含む質の高さも非常に重要なポイントです。過去の実績や取引実績などを確認して信頼できる品質か確認しましょう。また、企業のビジネス分野に精通しているかも確認が必要です。