記事一覧

グローバル化に対応して

アルファベット

クオリティの高い翻訳を

全体的にはガラパゴスと呼ばれる日本のビジネスでもグローバル化が進んでおり、徐々に海外の企業などと一緒に仕事をする機会が多くなっています。そういった場合に苦労することになるのが言語の問題です。世界では英語が広く一般的に使われるようになっていますが、日本ではまだまだ英語を自由に使うことが出来る人が少なくて英語に苦労することが少なくありません。簡単な英語であれば社内で翻訳したり自動翻訳を使ったりすることも出来ますが、専門的な英語となるとそう簡単にはいきません。もし間違いが合った場合には大変なことになる可能性もあるため、そういった場合には翻訳代行を利用する方法があります。翻訳代行を利用すればクオリティの高い翻訳が期待出来ますので、ビジネスにおいて翻訳ミスによるトラブルを防ぐことが出来るようになります。また、社内で翻訳するの違って時間も早く正確であるために結果的に費用が安く済むために費用対効果が高いとされています。翻訳代行を利用する際に気になるのはその費用ですが、翻訳代行を利用する場合には多くの場合は文字数によってその費用が変わってきます。また、英語以外の言語の場合には費用が高くなる傾向にあります。英語であれば1文字辺り10円程度の費用が相場となっていますが、他の言語の場合には倍以上の費用が必要になることもあります。また、一般的な文章ではなく専門的な文章になればそれだけ費用も高くなることがあります。